• トップ
  • 日本市民スポーツ連盟

日本市民スポーツ連盟

日本市民スポーツ連盟

日本市民スポーツ連盟(JVA)とは

1993年7月10日、日本市民スポーツ連盟は富士河口湖において誕生し、アジアで初めて、世界第17番目の公式加盟国としてIVVの仲間入りを果たしました。現在の構成団体は(社)日本ウオーキング協会、(財)日本健康スポーツ連盟、日本健康サイクリスト協会の3団体で、日本ウオーキング協会がウオーキングと歩くスキーの認定等を担当しています。
ウオーキングの認定基準は10キロ以上(複数コース選択できる場合は、5キロ以上)のウオーキングで、全国のJWA加盟団体、機関の主催するウオーキング大会及び各地のイヤーラウンド(通年)ウオーキング基地でのウオーキング完歩が記録認定の対象となります。
また、「ジョイアスロン」と呼んでいる、ウオーキング(10km以上)、水泳または水中ウオーキング(300m以上)、サイクリング(25km以上)からなる3種目大会も実施しています。2003年のジョイアスロン開催予定は9月の能登、11月の東松山・日本スリーデーマーチなどが計画されています。
2003年の通常総会において、ウオーキング種目については、今後、(社)日本ウオーキング協会が大会認定・記録認定を行うことになりました。お問い合わせは日本ウオーキング協会までお願いします。

日本市民スポーツ連盟のホームページへ
国際市民スポーツ連盟(IVV)表彰規定
ページトップへ戻る