ガバナンス

ガバナンス

 

ガバナンスについて
 
社会的責任と社会的信頼のもと組織のガバナンスとマネジメントの関係。加えて組織のコンプライアンスとマネジメントの関係が組み合わさったものです。
 
以下、大きく分けると以下のことが遵守されなければなりません。
 
1. 意思決定に関して求められる「ガバナンス」
(イ) 情報の共有
(ロ) 意思の決定
(ハ) 業務執行の監督
(ニ) 情報の公開
 
2. 運営に関して求められる「ガバナンス」
(イ) 役員会の運営やルールは社団法人の社員である会員の総意を必要とする「ルールの明確化と責務の遂行能力」
(ロ) 広報誌等を通じ文章として表現され、速やかに伝達されているか
 
3. 財務に関して求められる「ガバナンス」
(イ)  財産目録
(ロ)  計算書類
(ハ)  公正な会計原則
(ニ)  公認会計士等外部の有識者からの検証
(ホ)  この情報が会員や外部に見られるようになっていますか。
 
4. 不祥事や粉飾に対しての「ガバナンス」
(イ) 不祥事の場合の公平さの担保
(ロ) 弁護士等の有識者の指導を受けているか(契約書等もこれに準じる)
(ハ) 不祥事に関係した役員もしくは理事、担当者等その責任の範囲や処分について社会的に公平さを欠いた処分等していないのか
(ニ) 事実調査、原因究明、不祥事に対する対応、再発防止の段階で確実な情報の開示をしているか
 
5. 理事の役割と「ガバナンス」
業務の意思決定に参加し、業務の適切な運営に関与し、重要な責務として結果責任を負うシステムになっています(人材を含む)
(イ)  理事の役割にふさわしい人材の登用
(ロ)  透明性、適切性の確保
社会からの信頼を得られる理事の登用
(ハ)  情報の共有と大局的な見識をもった有識者で社会からの信頼を得る
(ニ)  専門性と客観性の確保のための有識者で構成する。
 
ページトップへ戻る